純さんのスナップショットで四季彩歳

jikomannte.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 08月 26日

阿蘇パノラマラインを一人行く9

8月5日(土)撮影の、阿蘇パノラマラインを一人行くシリーズ9です。



ロープウエーを降りてから、10分ぐらい歩きますと・・・・
c0007190_18165811.jpg


どうでしょうか、「コンドルは飛んでいく」のメロディー、貴方の耳にも流れて来ましたでしょうか。(笑)
c0007190_18171439.jpg


c0007190_18173291.jpg


c0007190_18174771.jpg


by jikomannte | 2006-08-26 18:23 | 山景 | Comments(14)
Commented at 2006-08-26 19:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lucky562 at 2006-08-26 21:23 x
こんばんは。
お写真を拝見して「万里の長城」を思い出しました。
思い出したって行ったことないですけど(笑)
火山であることを改めて思い起こさせる風景ですね。
Commented by nakajimaakira1948 at 2006-08-26 22:14
純さん、こんばんは!
I'd rather be a sparrow than a snail はい、S&Gの歌声が聞こえてきました。

第3者のブログを利用しての 良からぬタクラミは いけませぬ。(爆)

わだす、このような写真を撮る場合 どこにピントを合わせるべきか いつも迷います。
どこに合わしても 被写界深度が深いので 出来上がりにあまり差は無いですけど
迷ってる間にベッピンしゃんが通り過ぎて行ってしまいます。(涙)
Commented by ascesis at 2006-08-26 22:45
遠景の雲と平野部で、立体感を感じます。
私も nakajima さんと同じく、どこに目標を定めるか迷いそうです。
Commented by legato22 at 2006-08-26 23:01
高所恐怖症でロープウェイは苦手です(ーー;)
こんな場所に立ったら足がすくみそう。
でも行ってみたいなぁ。
Commented by biwakokayo4 at 2006-08-27 07:17
あ、さこやんはロープウェイに乗れません。
下から歩いていかなくちゃ・・・・。

荒々しい岩石と緑の草原の対比がいいですね。
Commented by rin6174 at 2006-08-27 09:15
岩むき出しの頂上から眼下のふもとに向かって
風にのってコンドルが飛んでいく背景ですねぇ

削り取られたように見える部分の縞模様は地層の柄でしょうか
スケールが大きくて見ていると気持ちが豊かになりそうです
Commented by jikomannte at 2006-08-27 11:31
>鍵コメさん
私は大丈夫と思いますよん。(笑)
Commented by jikomannte at 2006-08-27 11:33
>luckyさん
ありがとうございます。
私は南米のペルーの高地を思い出しました。
行ったことないですけど(笑)
Commented by jikomannte at 2006-08-27 11:42
>nakajimaさん
ありがとうございます。
コンドルは飛んで行く、きっと聞こえて頂けると思っておりました。(笑)

善からぬ企み?、め、めっそうもございません、お代官様!

パンフォーカスな画面構成では、ピント位置いつも軽く悩みますよね。
私の場合は、いつも適当ですが、背景の一番遠くには合わせませんね、
多分。(笑)
Commented by jikomannte at 2006-08-27 11:44
>ascesisさん
今度一緒に迷いに行きましょうか。(笑)
Commented by jikomannte at 2006-08-27 11:48
>legatoさん
ありがとうございます。
頂上付近までロープウエーで約10分ですが、歩くとなると軽く2時間は
掛かるようですよん。
ロープウエーを降りてからの約10分の山歩きでさえ、私にはハアハア
でした。(笑)
Commented by jikomannte at 2006-08-27 11:54
>kayoさん
ありがとうございます。
sakoyanには、目隠しして乗って貰うと言うのは如何でしょうかね~。
sakoyanの魚眼で撮るここの景色は、きっと素晴らしいと思います。
Commented by jikomannte at 2006-08-27 11:58
>倫さん
ありがとうございます。
九州でも阿蘇の雄大な景色は、特にスケールが大きいと感じますね。
レンズの画角が10mmから17mmですから、普通のレンズでは入り
切らない広がりの世界でした。


<< 阿蘇パノラマラインを一人行く10      阿蘇パノラマラインを一人行く8 >>