純さんのスナップショットで四季彩歳

jikomannte.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 06月 15日

19.06.01:三瀬から富士町、日本の原風景を探して5

6月1日撮影の、三瀬から富士町、日本の原風景を探しての5回目です。



c0007190_17582007.jpg



c0007190_18514423.jpg



c0007190_18421353.jpg

使用カメラ:LUMIX DMC-GX8
使用レンズ:DG VARIO-ELMARIT 12-60ASPH.


by jikomannte | 2019-06-15 17:59 | 山里 | Comments(6)
Commented by blackfacesheep2 at 2019-06-15 22:15
元は茅葺屋根の住宅だったのでしょうか。
茅葺職人も減ってしまい、もはやトタン葺きにせざるを得ないのかもしれませんね。
里山の風景も、徐々に変わりつつあるようです。
Commented by 3740s at 2019-06-16 09:54
残したい原風景

佇まいに感動!
そして、今や欠かせない軽トラの存在。
Commented by tusima-kaji at 2019-06-16 18:23
こんばんは。
今回は1枚目に惹かれました。
前面の水田の広がりが初夏の雰囲気を出していますね。
ビニールハウスとトタン屋根の民家は里山の中心的な
存在感がありますね。
Commented by jikomannte at 2019-06-16 19:25
>黒顔羊さん
今回も嬉しいお言葉、ありがとうございます。
元は茅葺屋根をトタン外装にしているようですよ。
九州では茅葺職人さんが居ないんでしょうね。
京都や滋賀や岐阜にはいらっしゃるようですが、世界遺産とか
伝統的重要建造物とかに指定されないと、メンテ費用が賄え
ないんでしょうね。
Commented by jikomannte at 2019-06-16 19:28
>3740sさん
今回も嬉しいお言葉、ありがとうございます。
昔は私も軽トラとかは、フレームに入れないようにしておりましたが、
田舎や農家の必需品ですから、排除できないアイテムになりましたね。(;'∀')
Commented by jikomannte at 2019-06-16 19:31
>kajiさん
今回は1枚目に嬉しいお言葉、ありがとうございます。
空と雲を入れたことで、ジオラマ風の雰囲気になってくれました。(笑)
このように、広い範囲を切り取れる田舎は、少なくなりましたよね。


<< 19.06.01:三瀬から富士...      19.06.01:三瀬から富士... >>