純さんのスナップショットで四季彩歳

jikomannte.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 06月 14日

19.06.01:三瀬から富士町、日本の原風景を探して4

6月1日撮影の、三瀬から富士町、日本の原風景を探しての4回目です。



c0007190_19141255.jpg



c0007190_19143241.jpg



c0007190_19145468.jpg

使用カメラ:LUMIX DMC-GX8
使用レンズ:DG VARIO-ELMARIT 12-60ASPH.


by jikomannte | 2019-06-14 19:17 | 山里 | Comments(8)
Commented by 佐賀風土記 at 2019-06-14 20:16 x
はじめまして。お邪魔いたします。時々、拝見させていただいています。
お写真にベテランの方の味を感じます。特に、モノクロ写真に関しましては、私の冷黒調とは異なる温黒調の使い手にベテランの奥の深さを感じます。

私は、JR佐賀駅の北方約3キロメートルのところに住んでいる関係で、北山、富士、三瀬、松梅、脊振などには撮影によく出かけます。
ご案内のとおり、戦国時代は、この地域は「山内(さんない)」と呼ばれ、神代家根城の郷で、佐賀では歴史的に重要な地域であり、佐賀の原風景を残してくれている大事なところと思います。
残念ながら、神代勝利のお墓は嘉瀬川ダムの築造により水没し、移設されてしまいました。移設された今とは異なるそもそもの元のお墓の現場が目に焼き付いています。
Commented by noddy_1127 at 2019-06-14 20:32
純さん、こんばんは、
今回は水田で田植えをする農家を縦フレームで撮った2枚目が良いですね(#^.^#)
添景人物の位置が絶妙です。
上の方によく見ると電線があるのも、影響を最小限に留めていますね。
Commented by blackfacesheep2 at 2019-06-14 20:45
おおお、一枚目、素晴らしい~♪
これだけでおなかいっぱいになります。
この廃墟っぽい雰囲気・・・たまらん、はあはあ(;・∀・)
近くだったら、絶対に撮りに行くんだけど、九州は遠すぎます。(涙)
Commented by tusima-kaji at 2019-06-14 23:24
こんばんは。
今回は2、3枚目に惹かれました。
2枚目の「田植え風景」、構図、色調、人物の動き
全てが調和して秀逸ですね。

3枚目は右端の民家の佇まい、軽トラックと自動
販売機が、印象的でモノクロならではの柔らかな
ハイライトが効いていますね。
Commented by jikomannte at 2019-06-15 17:39
>佐賀風土記さん
はじめまして
私の緩いブログに、お言葉を頂きありがとうございます。

私は三瀬峠を越えてさらに進んだ、福岡の西に住んでおります写真好きです。
今回のモノクロ温黒調は、フォトショップで見つけて、初めて使いました。(;'∀')
この辺りは、佐賀の写真のお友達と撮影オフの際に良く通ります。
戦国時代は、「山内(さんない)」と呼ばれていたんですね。
これからも時折、散策してみようと思います。
Commented by jikomannte at 2019-06-15 17:44
>noddyさん
今回は2枚目にお見通しの嬉しいお言葉、ありがとうございます。
少し高台の道路脇から撮影しましたので、背景の選択肢が限られてしまいましたが、
添景人物のお姿と仕草が素晴らしかったので、良かったです。(;'∀')
Commented by jikomannte at 2019-06-15 17:49
>黒顔羊さん
今回は1枚目に嬉しいお言葉を頂き、ありがとうございます。
この建物は細長い木造の校舎の様でした。
教室にすると2部屋分くらいでしょうか、嘗ては小学校の分校とかだったかもですね。
今は使われていないようで、閉ざされておりました。
Commented by jikomannte at 2019-06-15 17:55
>kajiさん
今回は2、3枚目に全てお見通しの嬉しいお言葉、ありがとうございます。
2枚目は添景人物のお姿と、その仕草の素晴らしさが全てのように思います。(;'∀')
3枚目はGoogleの地図上では「酒店」と記載されておりましたので、昔はこの地で
お酒を販売してたんでしょうね。


<< 19.06.01:三瀬から富士...      19.06.01:三瀬から富士... >>