純さんのスナップショットで四季彩歳

jikomannte.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 07月 15日

18.05.12:初夏の平成筑豊鉄道2

5月12日撮影の、初夏の平成筑豊鉄道の2回目です。

今回は油須原駅の意匠から、前回訪ねた時も撮っておりますが、パナで撮るのは初めてとなりますね。


【防湿庫が壊れて】
実は先日、防湿庫が壊れていることに気が付きまして、すぐに新しいものを手配したのですが、集中豪雨の影響か、
今日(7月15日)漸く届きました。
乾燥剤を熱で乾かす際に、形状記憶シャッターが壊れて開閉しないので、庫内が高湿度になって曇っておりましたので、
新しいものが来るまで電源をオフにして、時々ドライヤーで庫内を乾燥させると云う、苦労をさせられました。(笑)


c0007190_15545271.jpg



c0007190_15552536.jpg



c0007190_15555183.jpg



c0007190_15560877.jpg
使用カメラ:LUMIX DMC-GX8
使用レンズ:SPEEDMASTER 25 F0.95


by jikomannte | 2018-07-15 15:59 | 撮り鉄 | Comments(8)
Commented by 3740s at 2018-07-15 18:18
こんにちは
何処となく涼しさを感じさせます!

日陰が一番です。(喜)
Commented by iwamoto at 2018-07-15 22:00 x
わたしが、地理的に印象深いのは、香春岳の三連山です。
(ご存知ないかもしれませんが)

石灰岩が採れる山でした。
炭坑節の、ひと山ふた山み山超え、の歌詞の元になったのではないかと思っています。
ま、60年前のことですけどね。
築豊の衰退を、この目で見てきました。
そこを離れて次は、エネルギー革命の歴史の中、石油コンビナートへ引っ越しました。

出光家の大きく関る「徳山」にも住みました。
その感覚でいえば、シロウトですけども、シェルとの合併はあまりに困難な行く末のようで、心配でなりません。
Commented by blackfacesheep2 at 2018-07-16 08:00
うぉぉぉ、これはなんとも懐かしい♪
木でできた建物、木でできた改札口、赤丸ポスト、鉄のゲート。
みんなまだ現役なんですか、いいなあ♪
こういうものを撮るときはスピマス25㎜は浅い震度で気持ちが良いですねえ♪
フルサイズ機の標準レンズで撮っているのと同じ感じです。^^v
Commented by jikomannte at 2018-07-16 16:45
>3740sさん
今回も嬉しいお言葉、ありがとうございます。
5月上旬とは言え、この日は結構な夏日で日差しが強く、暑かったです。
なのでついつい日陰にカメラを向けております。(笑)
Commented by jikomannte at 2018-07-16 16:48
>iwamotoさん
今回も嬉しいお言葉、ありがとうございます。
私にとって平成筑豊鉄道沿線は、故郷ではありませんが、
かなり懐かしい、記憶の中の原風景に、近いところがありますので、
早く路線が復旧してくれることを祈念しつつ、また訪ねたいと思って
おります。
Commented by jikomannte at 2018-07-16 16:54
>黒顔羊さん
今回も嬉しいお言葉、ありがとうございます。
嘗ての炭鉱路線の駅舎をそのまま使って、ローカル線として運航しておりますが、
今が正念場の厳しい路線です。
なので、集中豪雨からの復旧と正常運航出来るよう、祈っております。
Commented by tusima-kaji at 2018-07-16 17:06
こんにちは。
今回は1、2枚目に惹かれました。
1枚目は切符売り場でしょうか、ローカルの無人駅の
寂しさがありますね。
夏の強い日差しは白昼夢を見るようです。

2枚目、ピンク色の自転車に救われております。(笑)
Commented by jikomannte at 2018-07-17 12:13 x
>kajiさん
今回は1、2枚目に嬉しいお言葉、ありがとうございます。
ピンクの自転車は、前回訪ねた時もありましたので、毎日電車で通っている人が
いるのでしょうね。


<< 18.05.12:初夏の平成筑...      18.05.12:初夏の平成筑... >>