純さんのスナップショットで四季彩歳

jikomannte.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 01月 23日

10.01.11:開田高原から白川氷柱群まで1

今回から1月11日(月)撮影の、開田高原から白川氷柱群までを3回のシリーズでお送りします。

流石に脳天気な私も、16日の自損事故の後処理と不慮の出費に、テンションが下がり気味で16日以降撮影しておりません。
ストック画像も少なくて、このシリーズはせこく3枚ずつの公開で~す。
先ずは、開田高原、木曽馬の里から御嶽山です。



皆様の中には、廃車にする程の自損事故の翌日には、新しい車(中古車ですが)を調達してしまうなんて、懲りてない奴だなあと
お思いの諸兄もいらっしゃるかと存じます。
実はこちらで働いて生活するためには車が必須でして、修理や廃車のために生活の手段が奪われると、大変なことになる訳で、
修理依頼して代車を調達するか、廃車にして別の車を調達するか、一刻も早く決断しなくてはなりませんでした。
ダイハツさんが探してくれた中古車には、残念ながらお手頃なものがありません。
ダイハツさんの好意でお借りした代車を使い、諏訪、茅野の中古車センターを周り、登録に手間の掛からない車検残のある四駆
の軽自動車を、大至急見つける必要がありました。
インターネットで目星をつけた車が、諏訪の中古車センターにあったのは、まさに渡りに船でした。
全てに満足した訳ではありませんが、この3代目純兵衛号、絶対に壊さない様に超安全運転で参りたいと思います。




c0007190_18331525.jpg


c0007190_18333259.jpg


c0007190_18334624.jpg

使用カメラ:Canon EOS KISS X3
使用レンズ:EF-S 15-85mm IS USM

by jikomannte | 2010-01-23 19:17 | 山景 | Comments(10)
Commented by akkunne at 2010-01-23 19:41
お今晩はー
今回は2枚目の足跡のない雪景色と山が
イチオシですよ~
Commented at 2010-01-23 21:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enosin at 2010-01-23 21:26 x
地方の生活での車の大切さはおっしゃるとおりですね。
私の知り合いでも一家で3台、4台使っているお宅が沢山あります。
新年早々だったのでいろいろ大変だったでしょうが
三代目と共に奮起一番頑張りましょう!!


Commented by MJK at 2010-01-23 21:38 x
こんばんは
車がないと生活できないという話、とってもよくわかります。
我が家には車が3台ありますから。(笑)

木曽馬牧場は深い雪の中ですね。
御嶽山がしっかり見えていて、びびびっときました。
Commented by sansenkiso at 2010-01-24 06:52
そばの花が咲いていた木曽馬の里も雪に埋もれて冬眠中ですね。

事故のことは教訓として忘れず
新しい三代目純兵衛号での活躍を期待しています。
Commented by jikomannte at 2010-01-24 17:13
>akkunneさん
今回は2枚目にイチオシを頂き、ありがとうございます。
2枚目は、お馬さんしか入れないところの雪が真っさらで綺麗でした。
これだけの雪ですと、木曽馬さんたちも小屋の中で冬を過ごすのでしょうね~。
Commented by jikomannte at 2010-01-24 17:15
>鍵コメさん
私のブログで癒されて頂ければ、幸いですよん。
Commented by jikomannte at 2010-01-24 17:17
>enosinさん
温かい励ましのお言葉、ありがとうございます。
これからは倍旧の安全運転で、撮りまくりたいと思いま~す。(笑)
Commented by jikomannte at 2010-01-24 17:21
>MJKさん
嬉しいコメントありがとうございます。
前回同僚と訪ねた時は、御嶽山が雲隠れで一枚も撮れませんでしたが、
今回は姿を見せてくれて、ラッキーでした。(笑)
これで木曽馬が疾駆してくれたら最高なんですが、馬さんたちもこの雪では
営舎で静かにしているんでしょうね~。
Commented by jikomannte at 2010-01-24 17:25
>sansenkisoさん
コメントありがとうございます。
この時期の雪景色の木曽馬の里から見る御嶽山も素敵ですよね。
今回は御嶽山、姿を見せてくれてラッキーでした~。

車の運転に関しては、雪国ではどこに危険が潜んでいるか、まだまだ分からないことが
多いですから、倍旧の安全運転で望みたいと思います。


<< 10.01.11:開田高原から...      純兵衛号の変遷 >>