2004年 12月 08日

画面整理の一つの逃げ道?

c0007190_2244054.jpg















c0007190_22443326.jpg


CCDの小さいコンパクトデジカメでは、花のマクロなどでボケを少し演出したい場合は、極力テレ側にして被写体と背景との距離を稼いで撮ることになるのですが、蓮の花のように花自体が大きくて、周りに葉が取り巻いているような条件では、ボケを演出することに限界があります。
そこで、パソコンレタッチのレベル補正でマイナス側にシフト、周囲が暗くなり、画面整理の一つの逃げ道になったでしょうか。

# by jikomannte | 2004-12-08 22:54 | 大濠・舞鶴公園 | Comments(1)
2004年 12月 08日

家族の一員のポートレイト

c0007190_22354424.jpg


ピピちゃんと申します。
喋った人の声真似で「パパさん好き好き」とか言います。
て、娘達に言って貰えない私が教えているってことですから、残念!

# by jikomannte | 2004-12-08 22:40 | 雑記帳 | Comments(3)
2004年 12月 06日

ダイナミックレンジの違い

c0007190_19125545.jpg



c0007190_19131846.jpg


ダイナミックレンジの差を感じた時

この前、私の兄に誘われて佐賀県佐賀市のバルーンフェスタに行きましたが、私はFZ20の手持ち撮影、兄はコンタックスRX+28~70mmバリオゾナーを三脚に据えて撮影しておりました。
先日、兄の撮影したこのバルーンフェスタのスライドをライトボックスに乗っけて、ペンタの非球面ルーペでマジマジと見ました。久々にスライド原版をルーペで見ますと、ピントのシャープ感、画像の緻密感、発色の現実感に心ときめいてしまいました。(笑)

マジマジと見ながら「ウム?」と思うところがあり、更にマジマジと見てみますと、「ウム?」の原因はバルーンを膨らませているガスバーナーの発射ノズルの辺りにありました。

私がFZで撮影したバルーンには、ガスバーナーの発射ノズルの辺りはオレンジ色に飛び気味の感じで再現されておりましたが、兄の銀塩リバーサルではなんと青い炎がクッキリと再現され、透明な部分を僅かに挟んでオレンジ色に変っていく辺りが緻密に再現されておりました。
これが所謂、ダイナミックレンジの差と言う奴なのだと実感致した次第です。

CCDサイズの大きいデジタル一眼ならこの辺り、もっと銀塩に近いのでしょうね~。

# by jikomannte | 2004-12-06 19:57 | 熱気球 | Comments(0)
2004年 12月 05日

寒かった~

c0007190_20375659.jpg



c0007190_20381517.jpg


寒かったので、小型三脚に震えが伝わって微かにブレているかな~

# by jikomannte | 2004-12-05 20:41 | 港・漁港 | Comments(0)