2017年 02月 15日

16.12.23:常滑焼きものの散歩道を行く5-完

昨年12月23日撮影の、常滑焼きものの散歩道を行くの最終回です。

今回も最後までご笑覧頂き、ありがとうございました。



外装のトタンが窯変天目のようですね。
c0007190_19152224.jpg


住宅地になりつつある、小さな商店街でネズミ君を見つけました。
c0007190_191538100.jpg


背景暈けの建物も、歴史がありそうですが、表示を見ておくのを失念しました。
c0007190_19154977.jpg


c0007190_1916529.jpg


c0007190_19161613.jpg


c0007190_19162472.jpg


陶磁器会館の駐車場へ向かう途中で、最後に振り返って一枚。
c0007190_1916362.jpg

使用カメラ:OLYMPUS OM-D E-M10
使用レンズ:G VARIO 14-140 POWER O.I.S

by jikomannte | 2017-02-15 19:23 | 焼物の里 | Comments(12)
Commented by blackfacesheep2 at 2017-02-15 20:49
うんうん、常滑の隠れた名物は赤錆トタンですよ。^^
表の名物である土管や硫酸瓶とのコラボが最高です。
赤煉瓦の煙突も錆びた鉄枠がはまってますしね。
う~ん、久しぶりに常滑の赤錆、撮りに行きたくなってきました♪
Commented by noddy_1127 at 2017-02-15 21:22
こんばんは
常滑市は1枚目や7枚目を見ると昭和のものづくりを行う町の風情があっていいですね。
でも、写真を撮影する人にとっては、錆びれた良い雰囲気の街並みも、ここで生活するとなると、錆びれた町は自分の将来も暗くなりそうですよね。
もしかして、今回のシリーズには、そう言った社会的テーマが隠されているのかぁ(?_?)
Commented by Toki at 2017-02-15 22:22 x
ココは間違いなく良いトコです。ずっとこのままでいてほしいけど
そうは行かないのが世の常。
出来ることなら直ぐにでも行きたい感じになりました。
Commented by tazu at 2017-02-15 22:48 x
こんばんは(^^♪
古びたトタン板がなんか味がありますね。
いい感じの時を経た雰囲気がいいですね。
ねずみ君とバックのボケ感がいいなあ。
子供たちの表情がいきいきとしていいなあ。
甕の微妙な色違いが面白いです。
Commented by camellia-02 at 2017-02-16 09:04
常滑は、なかなか 面白そうなところですね。
陶磁器好きの者には、たまらないですね。
Commented by tusima-kaji at 2017-02-16 17:23
こんにちは。
今回は1、3、5枚目に惹かれました。
1枚目、外装のトタンが窯変天目のようだとは、純さんは
陶磁器にも通じていたのですか、流石ですね。
ネットで天目茶碗を見ますと青黒いトタンの感じは連想
させますね。
3枚目、独特の質感にひかれました。
5枚目、整然と並べられた瓶は現役でしょうか、黒ずんだ
壁に
常滑の歴史を感じますね。
Commented by jikomannte at 2017-02-16 19:14
>黒顔羊さん
今回も嬉しいお言葉、ありがとうございます。
焼物の散歩道とその周辺、お天気の良い日に
ゆっくり歩くのには最適ですね。(笑)
Commented by jikomannte at 2017-02-16 19:16
>noddyさん
今回は1、7枚目に嬉しいお言葉、ありがとうございます。
寂れて住人と一緒に朽ちるだけの街は、哀しいものがありますが、
それらもいずれ淘汰されて、新しい街になると思います。
昔の風情を残しつつ、新しい街になってくれたら、嬉しいですが。
Commented by jikomannte at 2017-02-16 19:18
>Tokiさん
今回も嬉しいお言葉、ありがとうございます。
常滑やきものの散歩道は、当分存続するでしょうけど、
周辺の木造家屋や昭和の名残りは、少しずつ無くなって
行きますねきっと。
Commented by jikomannte at 2017-02-16 19:19
>tazuさん
今回は1、2枚目に嬉しいお言葉、ありがとうございます。
焼物の動物や子供、その意匠に味がありますよね。
嘗て昭和の初期までは、下水道工事などに土管を大量消費して
いたので、それを一手に引き受けて、常滑は発展しましたが、
今では別のものに変わられ土管が作られなくなって、瀬戸物や
信楽の真似をして、普通の焼物で細々と営んでいるんですね。
Commented by jikomannte at 2017-02-16 19:19
>camelliaさん
今回も嬉しいお言葉、ありがとうございます。
撮影散策しながら、所々のお店に入って、気に行った焼き物の
器や置物などを購入して帰る、と云うのも楽しいでしょうね。
Commented by jikomannte at 2017-02-16 19:26
>kajiさん
今回は1、3、5枚目にお見通しの嬉しいお言葉、ありがとうございます。
死んだ親父が趣味が多彩で、焼き物にも造詣がありましたので、聞いていた言葉が出て来ました。
3枚目のような大きな置物は、土管を作る技術が活きているのかも知れませんね。(笑)
5枚目、色違いの瓶を作って、さりげなく並べているところにも、常滑の魅力が出ていますね。


<< 17.02.04:新幹線から養...      16.12.23:常滑焼きもの... >>